既に差が出始めています

みなさんこんにちは。NPO法人ALA副理事長の蔵下です。

 

休校が続く状況ではありますが、早いもので5月に突入しました!

大学入学共通テストの出願まで5ヶ月をきり、いよいよ受験本番です!
高校3年生の皆さんの進捗状況の方はどうでしょうか。

2020年度入試を振りかえると、昨年は14年ぶりに私立大で受験生が減少に転じるなど、18歳人口が減少期に入ったことによって、大きな影響が出たことは周知のとおりです。

具体的には、

・国公立大二次試験が過去最低の受験者数

・特に難関国公立大は安全志向のために敬遠

・難関私立大も全国的に志願者減など超安全志向

でした。

 

さて、2021年度入試はどうなるでしょうか。

更なる18歳人口減となる今年の高校3年生ですが、学校再開がこのたび遅れる地域も多く、不安は募るばかりだと思いますが、基本的に安全志向になることはさけられず、早く手をうってくる受験生が多いことは間違いないでしょう。

例年、私はこの5月は全国各地の高等学校へ出向き、進学講演をさせていただいていますが、今年はゼロです。

つまり、受験生に対して情報提供すらできていない状況です。しかし、一方で意識の高い受験生は、既にネットやYouTubeなどを駆使し、情報収集をしています。

おすすめしたいのは、駿台や河合塾の情報サイトです。これは過去の受験対策や過去問傾向など事細かに情報提供がされているので、是非ともアクセスしたいところです。

 

河合塾ホームページ:https://www.kawai-juku.ac.jp/

駿台ホームページ:https://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/index.html

 

なお、私どもアクティブ・ラーニング・アソシエーション(ALA)でも、2021年度入試に向けて、日々の情報をツイッターで発信していますので下記QRコードを読み込み、フォローをして最新の情報を手に入れられるようにしておいてください。

 

ツイッターのフォローはこちらから

 ↓   ↓   ↓

後悔しない大学選び/受験サポートのALA
ツイッター
https://twitter.com/ala_juken